このエントリーをはてなブックマークに追加
経験者(7年目)2015年入社

風変りな経歴が味になる

50代 FFドライバー
外国語大学卒業→音楽ソフトのバイヤーとして海外勤務→店舗統括→他のタクシー会社(半年)→現職
「京都国際観光おもてなしコンシェルジュ」に任命!!
https://job.rikunabi.com/2023/company/r593881063/blog/detail/8/
50代 FFドライバー/風変りな経歴が味になる
40代、この先机に向かって仕事をしている自分が想像できなかった。

40代、この先机に向かって仕事をしている自分が想像できなかった。

大阪で生まれ、宇治市(京都)で育った学生時代。小学生の頃から洋楽が大好きでレコードに囲まれ育ちました。音楽経由で興味を持った英語を学びに大学へ行き、ホームステイも経験。必然的に「英語」を使うことに加え大好きな音楽を仕事にしたいと考え、大学卒業時には音楽ソフト会社に就職しました。東京、アトランタ、ニューヨークなどに滞在しながらバイヤーとしての仕事をしたり、帰国後は店舗統括として約20年ほど、働きました。
岐路になったのは40代を迎えたころです。現場での仕事も一区切りがつき、そろそろ本部でのデスクワークの道が見えてきていました。そんな既定路線のキャリアに「本当にこの道を進んだ先に自分の満足はあるのか?」と悶々と考えていたある日、管轄している店舗に強盗が…。その知らせを聞いた瞬間、『潮時だ』と私は前職を退職することを決めました。

実はアオイ自動車に入る前に半年間だけ大手タクシー会社にいたんです!

退職後、タクシー業界に飛び込むことに決めたのは「直接観光業界に携わりたい」と考えたから。若いころから音楽と同じぐらい好きだったのが「寺社仏閣巡り」。実は私、御朱印集めも大好きな『仏像オタク』なんですよね!(笑)
仕事をしながら趣味の観光にも携われるうえに、京都は世界有数の観光都市!英語スキルも活かせると思い大手タクシー会社のハイヤー部門で働くことに決めました。
ところがこの決断が大誤算……。労働時間は毎日20時間越え、サービスは基本マニュアルの徹底、人間関係はギスギスと、私が望んでいた働き方とは真逆の環境になってしまいました。

特に自分自身が難しさを覚えたのがマニュアルが徹底されたサービス。私は長年小売業界に身を置いてきましたので、自分がお届けしたい信念を持った「サービス」がありました。「この会社では無理だ」。そう思い、半年で大手タクシー会社を後にしました。
アオイ自動車に出会えて本当によかった!

アオイ自動車に出会えて本当によかった!

前職のタクシー会社にいた頃からアオイ自動車は「人間関係が良いらしい」という話を同僚からよく聞いていました。そんな話を頼りに向かった面接では社員の方々が本当ににこやかな笑顔で私に接して下さり、「ここでお世話になりたい!」と確信しました。

入社後は、海外からのお客様向けにタクシー協会と京都市が一緒になって取り組んでいるプロジェクト「フォーリンフレンドリータクシー」のドライバーにも任命していただき、海外から来られるお客様へのサービスを専門として取り組ませていただいています。たくさんの外国人の方をお乗せするのですが、なぜかラテン系の方から気に入っていただくことが多く、食事に誘っていただくなど、嬉しい機会にも恵まれています。

お客様の温かさに触れ、会社のメンバーのやさしさに触れ、今では本当にアオイ自動車へ入社できてよかった!と感じながら、日々京都の街を走っています。


※「京都国際観光おもてなしコンシェルジュ」に任命!!
https://job.rikunabi.com/2023/company/r593881063/blog/detail/8/
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ドライバー・配送関連に関連する求人票を見る